愛犬が夏を快適に過ごせるように覚えておく7つの方法。

愛犬が夏を快適に過ごせるように覚えておく7つの方法。

愛犬が夏を快適に過ごせるように覚えておく7つの方法。

人間でも暑い夏を快適に過ごすためには、それなりの準備やポイントがありますよね!室温、湿度管理をしたり、こまめな水分・塩分補給、睡眠管理と上げたら限がないほど多くのことがあげられますが、それは犬たちも一緒です。多くの抑えておくポイントから重要度の高いものを7つを紹介しますので、愛犬のためにしっかりと”夏”対策をしてあげてください。

愛犬が夏を快適に過ごせるように抑えておく7つのポイント

散歩やお出かけ時には新鮮で少し冷えた飲み水を用意!
散歩やお出かけ時には新鮮で少し冷えた飲み水を用意!
散歩やお出かけ時には新鮮で少し冷えた飲み水を用意!
普段は常温でも問題ないですが、運動したりした後などは効率的に体温を下げて上げられるように少し冷えた飲み水を用意しておきましょう。体の中に熱が篭ってしまうことが熱中症の大きな要因になります。しかし、これは飼い犬によって違いますが、体温調節の得意不得意、お腹の調子なども関わってきますので、愛犬の体調や特徴をしっかりと把握して冷えた水が必要かどうか判別するようにしましょう。
愛犬の日差し対策!
愛犬の日差し対策!
愛犬の日差し対策!
なんといっても強い紫外線・直射日光から愛犬を守ることがとても大切になってきます。強い紫外線・直射日光対策として、必要以上に毛をカットしてしまわない!ということがあげられます。毛は生えている場所を守る役割を必ず持っています。全身の毛を短くカットしてしまうと、それだけ無防備になっている!ということでもあります。毛はしっかりと紫外線や直射日光の温度から愛犬の体を守ってくれますので夏場は特に必要以上のカットをしないようにしましょう。かといって、伸び放題で暑がってしまっては本末転倒なので、トリマーさんと相談し適度な長さにしてもらうようにしましょう。
もうひとつのポイントとして人間と同じように帽子をかぶったり、薄い服を着させてあげるなどの方法も効果的です。
犬と夏と車
犬と夏と車
犬と夏と車
車中に人間の子供や犬を放置することはもってのほかです。夏に限ったことではありませんが、特に夏場は車内が高温になりまるでサウナ状態。そんな中に短時間でも放置されれば体力をみるみる奪われ弱ってしまいます。さらに熱中症にでもかかってしまうと・・・本当に怖いことです。絶対にやめましょう。
冷たいおやつを常備しておこう!
冷たいおやつを常備しておこう!
冷たいおやつを常備しておこう!
上がった体温を下げて上げられるようにつめたいおやつを常備しておくとGOOD!しかしこれも体質や体調をしっかりと管理・把握しながら与えるようにしてあげましょう。
日中の散歩は避ける!
日中の散歩は避ける!
日中の散歩は避ける!
夏場の日中は気温がかなり上がり、強い日差しにより地面も高温になります。人間よりも低い位置にいる犬たちは地面からの熱を受けやすく人間よりも暑い環境におかれてしまいます。また、アスファルト・マンホールなど日差しの熱により高温になりやすい場所は危険と言ってもいいほどです。足やお尻をやけどしてしまう事例もあるので、注意しましょう。どうしてもという場合はしっかりとした対策をとって散歩するようにしましょう。
水遊びをさせてあげよう!
水遊びをさせてあげよう!
水遊びをさせてあげよう!
暑さの厳しい日・時間には水遊びをさせてあげて体を冷ますようにしてあげましょう。熱中症は体の中の熱を逃がすことも大切ですが、気分転換させてあげることも大切です。暑い日には水遊びをして一緒に楽しんでしまいましょう!
日焼けから保護してあげる!
日焼けから保護してあげる!
日焼けから保護してあげる!
上記で毛をカットし過ぎない!と書きましたが、元々短髪の犬種や毛で覆われていない部分はもちろん日焼けをしてしまいます。どうしても日中強い日差しを浴びてしまうときなどは、犬用の日焼け止めもありますのでかかりつけの獣医さんに相談の上活用するようにしましょう。

厳しい暑さの続く夏でも愛犬たちに快適に過ごしてもらい、一緒に夏を楽しんでしまいましょう!

コメントを残す